Ebayで注文すること2週間。
やっと我が家にPripyat(プリピャチ)くんがはるばるウクライナからやってきました!
送料込みで280ドル=23000円弱くらいのお値段です。

pripyat外装

さっそく中をあけると。。。。
なんじゃこりゃー!!
小汚い袋に包まれていて、ちょっと心配になってきました。

Pripyatの箱

取り出してみるとこんな感じ。
GammaREA II Rと比べるとこのサイズ

プリピャチとGammaREA Ⅱ R

このパッケージの中をあけると、以外ときれいです。
以外ときれいなPripyat

よくPripyat(プリピャチ)のレビューであるバッテリーの裏のスポンジが溶けているというのを聞いていたので、ちょっと心配しながら開けてみると、、、、
プリピャチのバッテリーのスポンジ

あれ、綺麗じゃないか!
これは当たりかも!?

では、肝心のGM管は??
PripyatのGM管
こちらも綺麗。ピカピカしてます!

ということでさっそくγ線を200秒で計測。
GammaREAⅡRとPripyat

GammaREA II Rと比べるとちょっと高い値です。
シンチレーターであるGammaREA II Rは、校正証明書もついてますし、値もほとんどぶれないので、こちらの方がただしと思われます。
Pripyatの方は値が少し揺れるていました。
あと、この写真でみるとGammaREA II Rがちょっとでかく見えますが、GammaREA II Rがカメラに近いためです。
実際はプリピャチの方がかなりでかいです。

»