ガイガーカウンター ミスターガンマ Mr.Gamma A2700型

Mr.Gamma(ミスター・ガンマ) A2700型

シンチレーション式でエネルギー補償があります。日本製。管理人一押しです!

適した用途

空間線量:◎
累積線量:×
表面汚染:×
食品汚染:×
核種分析:×
実売価格帯
10万~20万未満
Mr.Gamma(ミスター・ガンマ) A2700型.の価格比較
検出器:CsI(TI)シンチレータ  検出対象:γ線
測定範囲:エネルギー範囲:150keV以上 測定範囲及び表示:0.001~9.999μSv/h
バッテリー:単3×2 20時間 サイズ:保護カバー付:81(W)×32(H)×141(D)mm 重量:約300g (保護カバー付)
メーカー名:クリアパルス株式会社 国名:日本

Mr.Gamma A2700型の測定の方法

Mr.Gamma A2700型の電源を入れるだけで測定を開始します。

Mr.Gamma A2700型で測定するときは電源ボタンを押して電源を入れます。
電源ボタンはカチッと感じるまで確実に押してください。
画面を確認します。
電源を入れた後、測定が安定するまで1分ほどカウントダウン状態になります。
画面にカウントダウン時間が表示されます。
測定を開始します。
画面のカウントダウンが終了すると測定が開始されます。
画面に10秒ごとに測定値を表示します。
画面の右下の1分間バーグラフは10秒ごとに目盛りが変化します。
***放射線検出器はフロント・パネルの十字マーク(+)付近にあります。
測定を終了するときは電源ボタンを押して電源を切ります。
電源ボタンはカチッと感じるまで確実に押してください。
ブザーの使用方法

Mr.Gamma A2700型は、測定放射線の強度を音で確認できます。

音を聞くときはブザーボタンを押してブザーをオンします。
ブザーボタンはカチッと感じるまで確実に押してください。
画面を確認します。
ブザーがオンになると画面の左上にブザーマーク(((●)))が表示されます。
装置が放射線を検出するとピピピッという音がなります。
***音の間隔は放射線の強度に相当します。
(音の間隔が短いと放射線の強度が強い)
音を消すときはブザーボタンを押してブザーをオフします。
ブザーボタンはカチッと感じるまで確実に押してください。
画面を確認します。
ブザーボタンがオフになると画面の左上のブザーマーク(((●)))が消えます。
電池の取り付けまたは交換の方法

この装置は単三電池2本で動作します。
電池がなくなったら新しい電池に交換してください。

本体から保護カバーを外します。
保護カバーの角を1ヶ所ずつ外に広げると保護カバーが外れます。
本体の背面にある電池ふたを外します。
電池ふたにある開閉マークを押し下げながら外側に外します。
電池を取り付けまたは交換してください。
電池は極性(+/−)があります。
電池ボックスマークにしたがって正しく取り付けてください。
電池ふたを取り付けます。
電池ふたを本体に合わせえてパチッと音がするまで押しこんでください。
保護カバーを取り付けます。
本体の検出器パネルのある面を保護カバーの窓に合わせて取り付けてください。
注意

長時間使用しないときは本体から乾電池を外してください。
電池は古いものと新しいものを同時に使用しないでください。
本体の横には信号出力用のコネクタがあります。防水されていませんので水のある場所での使用にはご注意ください。
装置を開けたり分解したりしないでください。
本体に取り込まれている放射線検出器は衝撃に弱いので落としたり強い衝撃を与えたりしないでください。
使用温度範囲を超えた環境では使用しないでください。
装置は国内の使用に限られています。海外に持ち出すときはあらかじめご連絡ください。
異常に気がついたらすぐ使用を中止して営業所までご連絡ください。

Mr.Gamma A2700型の仕様
型式 A2700
名称 Mr.Gamma(ミスター・ガンマ)
検出方式 シンチレーション式
検出器 固体シンチレータ(CsI(Tl))
測定放射線 γ線
感度 0.01μSv/hに対して
毎分10カウント以上
エネルギー範囲 150keV以上
測定範囲及び表示 0.001~9.999μSv/h
デジタル4桁表示
サンプリング時間 60秒
表示間隔 60秒の積算値(移動平均)を
10秒毎に表示
アナログ出力 0~+3V(アンプ出力)
外形寸法 本体:75(W)×27(H)×135(D)mm
保護カバー付:
81(W)×32(H)×141(D)mm
電源 単3電池×2本
電池寿命20時間以上
重量 約300g (保護カバー付)

の価格を比較して最安値を簡単に探せます。